fc2ブログ

    『それいいな!』の山道具

    ~ 登山人生でめぐり会えた全ての道具たちに捧ぐ ~

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

    >> EDIT

    The North Face Summit L2 Power Grid Lightweight Hoodie - ノースフェイス・サミットL2・パワーグリッド・ライトウェイトフーディ

    えー。
    つい数日前まで汗ダラダラで過ごしてたのに、何か一気に涼しくなりましたね。
    この度、秋山に向けて新しいアイテムを調達しました。
    『ノースフェイス・サミットL2・パワーグリッド・ライトウェイトフーディ』と言う、やたら名前の長いジャケットです。

    いわゆる、各社からだいたいひとつは出ている『グリッドフリース』です。
    わたくしの場合は体型の関係で『いでたち系』は海外もの、しかもヨーロッパ系は肩幅が狭くて着れないため、ノースフェイスしか選択肢がありません。
    みなさんはそう言う縛りはないと思いますので、各社からお好きな色とデザインのをお選びください。
    レポは『このジャンルのジャケット』の総評と言うご理解でいいと思います。

    TNF summit L2 power grid hoodie00
    写真でわかるように、これは行動中の着用を前提とした『極薄のグリッドフリース』です。大きい写真を上げてますので、クリックして細部をご確認ください。

    TNF summit L2 power grid hoodie01
    これ私の。

    TNF summit L2 power grid hoodie02
    うしろから。

    これからの季節は、薄着だと寒いし、かと言ってふつーのフリースやジャケットだと内側が汗で濡れてしまうしで、脱ぎ着を頻繁にするなど調節が難しいです。
    これらの『極薄のグリッドフリース』系だと、保温しつつも湿気は筒抜け状態で放出してくれるので、快適な状態をキープしてくれるわけですね。
    ミドルレイヤーにも最適なので厳冬期にも活躍します。

    TNF summit L2 power grid hoodie03
    ちょっとわかりづらいが、胸ポケット内にさらにスマホ用ポケットもあります。

    TNF summit L2 power grid hoodie04
    他のグリッドフリースに比べ、すき間部分が広いし生地自体も薄い。
    生地と隙間の割合は、だいたい6:4か7:3くらいの割合。
    私の場合は引き延ばされるので、さらにすき間が広がる。

    TNF summit L2 power grid hoodie05
    左腕にはサミットシリーズのロゴ。

    ひとつ難点があるとすれば、ファスナーを上げ切ってフードをかぶった時に、ファスナー末端のごちゃごちゃが口元に当たって煩わしいです。

    2XLが欲しかったので、あちこち探しては見たのですが見つけられず、結局アメリカからXLを買いました。
    スリムフィットなのである意味賭けです。
    やっぱりわきの下と肩から腕にかけてパンパンです。
    ま、何度か着ているうちに伸びて来そうな気もするのでそれに期待しますか。

    mountain equpment eclipse hooded zip tee
    Mountain Equipment Eclipse Hooded Zip Tee
    これが理想的。
    ジッパーを斜めにすることで口元のごちゃごちゃが解消されてますね。
    まだ少し在庫があるようです。

    millet trilogy lightgrid hoodie
    Millet Trilogy Lightgrid Hoodie
    こちらのミレーのは使いやすそうですね。

    詳細は『L2パワーグリッドフーディの公式ページ』をご覧ください。(英語)

    季節によって使う場面は変われど1年を通して活躍してくれると思います。
    私の体に合うまでドシドシ使って引き伸ばしていきたいです。


    よろしくべいべー。


    これからはもう一気に秋山に突入となりそうです。
    こちらの『秋山ーー!お役立ち&必須情報まとめ』に要点をまとめていますので、シーズン前の再確認にお役立てください。


    こちらは私が買った『ebay』です。
    私が買った時よりだいぶ安くなってます。

    by カエレバ
    日本で売られてるし。
    しかも私が買った値段より安いし。

    by カエレバ

    ミレーの方はお手頃価格。
    関連記事
    スポンサーサイト



    | いでたち系 | 09:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT

    はじめまして。低山専科のハイキングレベルの人間ですが、私も体型によってウェアが自在に選べません。ゴールドウィンのノースフェイスはものによってXLが入る、モンベルはおおおそギリギリXLで行けますが、USサイズの方が楽です。

    またご同様に胸ポケットが好きなのでとにかく大変です(笑)。幸い、知り合いの山屋さんが引退し、その方のUSAノースを大量に譲って頂き、上半身は良いのですが、近頃、パンツが細身タイプばかりで太ももどころかふくらはぎがパッツンパッツンな商品が多く困っています。

    このライトウェイトフーディ、良いですね。これもジャケットタイプがあったら私も欲しいところです。

    | BigDaddy | 2021/09/14 20:38 | URL |

    Re: タイトルなし

    BigDaddyさん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます。

    私と同じ悩みをお持ちのようで・・・。
    デザインとカラーで好みを選べないのって悲しいですよね。
    最近はノースもスリムフィットが増えて、さらに選択肢が狭まってきています。

    このフーディは前開きのジャケットタイプですよ。
    あと、先日の寒い日に試し着を重ねてたら、少し伸びて楽になった気がします。

    | 目目連 | 2021/09/15 07:05 | URL |

    お返事ありがとうございます。言葉足らずでした。フードのないウェアと言う意味でジャケットと表現しました。USAノースのサイトを見たところ、どうやらフードのないバージョンはないようですね。

    | BigDaddy | 2021/09/15 23:20 | URL |

    Re: タイトルなし

    そうですね。
    だいたいグリッドフリースの薄手は行動用、特にクライマー用に作られてますので、フード無しはありませんね。

    | 目目連 | 2021/09/16 14:48 | URL |















    非公開コメント:

    TRACKBACK URL

    https://mtngoods.blog.fc2.com/tb.php/294-7bf2ef16

    TRACKBACK

    << PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>